So-net無料ブログ作成

岡山絶景~奥迫川・大山桜(おおやまざくら) [景色]

一本の桜を見るために、山登りをする。それが「大山桜」(おおやまざくら)のお花見です。
岡山市の奥迫川(おくはざかわ)という、静かな山里の中に堂々とそびえる大山桜を一目見ようと、今年も多くの花見客が訪れています。ふもとにも、桜や菜の花、つくしなどが茂り、豊かな自然が楽しめます。
oyamasakura002.jpgoyamasakura001.jpg大山桜のある奥迫川は、JR宇野線迫川駅から1.5キロ。
今回、私は車を利用しました。周囲には、地元のボランティアスタッフの方が多数いらっしゃり、駐車場も用意されています。料金は500円ですが、登山地図や、地元小学生が作ったしおりをお土産にくれるなど、心づかいが感じられます。
oyamasakura012.jpgoyamasakura013.jpg

さて、山登り前にエネルギーが必要です。
この日はちょうど「桜まつり」で、地元の方が手作りのお餅やうどんを販売していました。
「どうぞ!」と手渡されたうどんは、なんと、竹の器入り!だしがおいしく、ぺろりとたべてしまいました。
器はお持ち帰りOK。
oyamasakura011.jpgoyamasakura003.jpg
元気が出てきたところで、いよいよ登山開始!のぼりとくだりは道が分かれています。
標高150Mにある大山桜めざして、意外と急な登山道を登ります。
小さなお子さんも、がんばって登っているので、私も負けじとあとを追います。
「見えたよ~」という、ほかの登山客の声。見ると、左手に見事な桜が。

oyamasakura008.jpgoyamasakura006.jpg
樹齢推定500年ともいわれる大山桜は、高さ20m,枝張27m,根元周り9mというから、想像以上の大きさです。
平成18年に岡山県天然記念物に指定されました。
手前には大山桜のクローンも植えられていますが、まだ若いため、葉ばかりです。
今に大山桜のように、見事な花をつけるのでしょう。

oyamasakura005.jpgoyamasakura007.jpg
斜面に座って花と町の眺望を楽しむ人、桜のふもとでお茶を飲む人、写真を撮る人。
みんな、それぞれに山の花見を楽しんでいます。
はなさかじいさんのような扮装で解説をしてくださるお爺さんもいらっしゃいました。

下山道は、のぼりよりもゆるやかです。
がんばって登ったぶん、楽しい思い出になること間違いなし。
地元の方が、町をあげて桜まつりを盛り上げようとする姿が印象的な、なんともやさしいお花見が楽しめます。
oyamasakura010.jpg

<大山桜への行き方>
住所:岡山市灘崎町奥迫川
交通:登山道入口駐車場より徒歩20分
瀬戸中央自動車道水島IC/車20分
駐車場:有料(2009年は7ヵ所)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 2

ちょんまげ侍金四郎

大山桜みごとですね
岡山の良いところは、ちょっと行けばおだやかな瀬戸内海があり、反対を向けば山々が連なり、旭川はゆったり流れ、そこに後楽園や岡山城がある。
本当に良いところですよね。。。
by ちょんまげ侍金四郎 (2009-04-09 08:37) 

kirakira

ちょんまげ侍金四郎さん

おおー、素敵な描写!たしかに自然のバリエーションが豊かです。
岡山の桜をみて思ったのは、都市部のお花見とは人口密度が違うせいか、ゆったりと見ることができるなあ、ということです。
いつにもまして、ぼーっとすごしています。
都心で見る桜も、心がほっとするようで好きですけど♪
by kirakira (2009-04-09 09:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。