So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント ブログトップ
前の10件 | -

朝から河原でグルメ三昧!~岡山市・京橋朝市 [イベント]

岡山市中心部を流れる旭川。
旭川にかかる橋は数あれど、月にいちど大勢の人が集まるのが「京橋(きょうばし)」です。
人が集まるその理由は、「備前岡山 京橋朝市」!

毎月第一日曜に行われる京橋朝市は、1988年9月から20年もの間、休むことなく行われているというからすごいです。ボランティアの方々が中心となって運営されています。

日の出とともにスタートし、10時ごろには終了してしまうので、早起きしていきましょう。

私が訪れた四月市では、日の出は午前6時26分。
早起きは苦手なので、あわてて駆けつけたときにはすでに8時でした。
お店によっては、早々に商品が売り切れてしまうこともあるそうです。

朝8時とは思えないこのにぎわい!
DSC_0333.jpg

続きを読む


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

高梁・穴場のお祭り&花火大会 [イベント]

花火は観たいけど、人込みは嫌・・・私はそんなタイプの人間です。
しかし今年、素敵な花火を観ることができました。
地元の方のご招待で、「花火が見えるポイント」に連れて行ってもらえる!ということで、8月23日、高梁市へ行ってきました。

高梁市川面町(たかはしし かわもちょう)は、綺麗な緑が広がる、自然豊かな地域です。
岡山市からは車で一時間ちょっと。
バーベキューをしたり、かき氷を食べたりと、地元の方・そのお友達とわいわい過ごしていると、日が暮れてきました。
DSC_0825.jpg
花火まではまだ間がある、ということで、近所の神社にお祭りに行くことに。
DSC_0851.JPG
このお祭りが良い!
まさに、地元のためのお祭り、という風情の、あたたかなお祭りでした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

岡山イベント~旬の味を満喫!新見山菜採り体験ツアー(山の精をいただく木の芽の会) [イベント]

春になると、食べたくなるのが「山菜」。
タラの芽、フキノトウ…考えるだけでよだれが出ます。
山の中で山菜を採って、その場ですぐに食べられる!
そんな魅惑的なツアーが、岡山県・新見市にあると聞き、参加してきました。

その名も、「山の精をいただく木の芽の会」。

幸い当日は快晴。
朝10時、車で現地に到着すると、小さい子どもさん、若い方からご年配の方まで、幅広い年齢層の参加者が集まっていました。
山菜採りを案内してくれるのは、地元のインストラクター‘もんちゃん’こと川上盛男さんと、仲田さん。
さっそく、各自ビニール袋を手に、「すずらんの園」へ。自分で採った山菜は、持って帰ることができます。

すずらんの園は、面積約2.0haの湿生植物群落「おもつぼ湿原」を有する自然の宝庫。
多くの植物が自生し、5月にはすずらんの花が見ごろを迎えます。
sansai004.jpg

道端の草木を眺めていると、どこからともなく「あった!」の声が!

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

岡山イベント~迫力!備中国分寺・五重塔ライトアップと備中温羅太鼓 [イベント]

れんげ畑の中に、浮かび上がる五重塔。
ゴールデンウィークにたまたま通りかかった国道180号線で、幻想的な光景が目に入りました。
bittyuukokubunji001.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

本にでてくるあのお菓子が食べられる!~おかやま文学フェスティバル [イベント]

みなさんは、小さなころに読んだ絵本や本に登場する食べ物に、あこがれたことはありませんか?
私は、昔読んだ「ぐりとぐら」のホットケーキ、「からすのパンやさん」のパン、「14ひき」シリーズに出てくるスープやパン…それはそれはあこがれたものです。

そんな想いを遂げられるイベントが、今まさに行われています。
その名も「おかやま文学フェスティバル―”おいしいおはなし~本の世界のすてきな一皿~”」。
市内の10のカフェが、それぞれ絵本に出てくるメニューを限定メニューとして提供してくれるとのこと。
これは、行くしかありません。

メニューは長いので文末に記載します。
いかがでしょう?すべて…とはいかなくても、一冊は読んだことがあるのではないでしょうか?

本当は全部試したかったのですが、あいにくこのフェアは2月28日まで。
うーん、それならば、と、私が選んだのは、エリック・カール作「はらぺこあおむし」に出てくるカップケーキと、ビアトリクス・ポター作「ピーターラビットのはなし」に出てくるカミツレ茶、のふたつです。

まずは、カップケーキを食べに「COMA Coffee&Bookstore」へ。
このお店は、以前私のブログでもご紹介した、素敵なカフェです。
メニューを見ると…ありました!「はらぺこあおむしのカップケーキ」。チョコとバニラの二種類があり、もちろん二つともオーダーしました。
出てきたのが、このかわいらしいカップケーキ。
bungakufest004.jpg
しかも!芸が細かいことに、いちごには、あおむしが食べたと思われる穴が開いています。

続きを読む


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

岡山まつり~裸まつりで福男をめざせ!奇祭・西大寺会陽2009レポート [イベント]

日本には、「日本三大奇祭」というものがあるといいます。
しかし、その定義はあやふやで、人によって「この3つ」は異なるようです。いわば、名乗ったもの勝ち。
WEBで検索した限りでも、男鹿・なまはげ/諏訪大社・御柱祭/富士吉田・火祭/島田・帯祭/国府宮・裸祭などが挙げられていますが、そのうちの一つが岡山・西大寺会陽(さいだいじえよう)です。

この西大寺会陽、別名を「はだか祭」といいます。
簡単にいうと、はだかの男たちが、宝木(しんぎ)と呼ばれる木の束を奪い合う祭です。
宝木を手に入れた人には、その年の福が授かるといわれます。
この祭は、室町時代(1510年)にはじまり、今年で500回を数える伝統的なもので、毎年多くの参加者・観覧者でにぎわいます。

私は、今回が初観覧。
臨時列車に乗って、JR西大寺駅から10分ほど歩くと、遠くから「わっしょい!」の掛け声が聞こえてきます。この声の主は、もちろん「はだか」たち。
eyou003.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

岡山イベント~「鬼はうち」?!宗忠神社の節分祭り [イベント]

2月3日、節分。

全国各地で節分の豆まきが行われましたが、岡山市の宗忠神社でも盛大な節分祭りが行われました。
そんなつもりではなかったのですが、たまたま近くのお蕎麦屋さんに行ったところ、
「ちょうど今から福餅まきをやりますよー。今日は雨だから、競争率が低いかも」
との情報を得て、餅を求めてダッシュで神社へ向かいました。

節分のお祭りに行くのは、生まれて初めて。
テレビでは見たことがありますが、実際はどんなものか…と期待しながら境内に足を踏み入れました。

するとマイクに乗った、「鬼は~うち!福は~うち!」という声が聞こえてきます。
「ん?鬼はうち?外じゃないの??」
と思った私の目に飛び込んできたのは、雨の中、傘もささずに餅を奪い合う大人たち。
munetada008.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

岡山イベント~備前焼まつり [イベント]

岡山県備前市、という名前を聞いて、「備前焼」を連想される方も多いのではないでしょうか。
岡山へ来るまで、私はあまり意識して備前焼の器やお皿を買ったりすることはありませんでした。
しかし、料理店やお店で素敵な備前焼を見るにつけ、「欲しいなあ・・・」と思うように。

そこへ、備前市で「備前焼まつり」なるものがある!という情報が飛び込んできました。
しかも結構盛大なお祭りとのこと。これは行くしかない。

というわけで、やってきましたJR赤穂(あこう)線・伊部(いんべ)駅。
bizen001.jpg
bizen002.jpg
伊部へは、岡山から列車で40分程度。備前焼まつり当日は、岡山~伊部間の臨時列車も運行されます。
祭はこの伊部駅周辺で大々的に行われるのですが、車での来場者も多く、小学校等が駐車場として開放されています。
私が行ったのは1日目の終盤でしたが、それでもすごい人!観光バスも多く、県外からの来場者も多いようです。
普段は静かであろう町が、活気に満ちています。
bizen004.jpg
会場では、たくさんの窯元が、それぞれのブーステントを張って、作品を直接来場者に売っています。
特設会場には、約60のテントと40万点の備前焼が並んでいます。
価格は、値札から2割引、というものが多く、もちろん値下げ交渉あり。

これは燃えます。

今回のお目当ては、焼き魚用の皿・刺身用の皿 です。
予算は全部で1万円以内。
終了まであと1時間半しかないため、私もさっそくテントをみてまわることに。
目利きポイントは全然わからないのですが、たくさんの備前焼を見るうちに、色つやや形、厚みなど、「これは好き」というパターンが見えてきます。
bizen009.jpg
bizen006.jpg
一口に備前焼といっても、いろいろな種類があるんですね。

まず一点、気になる角皿を発見。
価格は3,000円とのこと・・・
値引きしますよーとの声に、交渉を重ねると、2,500円に!
もう一声!!
で、結局2,000円にしていただきました。

このように、かけひきで値下げをしてもらえるのが、祭ならではですね。

bizen003.jpg
1万・3万・5万円の福袋もあります。人間国宝作のとっくりが入ったものもあるかも・・・という豪華版。


ブースの一角には、「備前焼スイーツ」コーナーがあり、そこでお皿を購入すると、特製スイーツを好きなように盛りつけられるのです。
スイーツコーナーの作品の中に、ちょうど良さそうなお皿があったので、購入しました。
買ったお皿にスイーツを盛ることもできるのですが、また洗ったりするのが手間だと思ったので、お店で用意してくれた別のお皿に盛ることに。
こちらはお値引きなしでした。

bizen007.jpg
プチシューにアイスに桃太郎ぶどう、と、なかなか豪勢です。
なんでもメニューは、地元のパティシエが考案したとのこと。
地元女性会の作った、無添加のフルーツソースの味見もあり、盛りだくさんのスイーツコーナーでした。

備前焼は、予想以上にスイーツにも合います。

終了まであと10分、たまたま見ていた若手作家の方のブースで、薄手の使いやすそうな醤油皿を発見。
交渉して、少しおまけしてもらえました。
この作家さんは、東京銀座の百貨店・松屋にも出店することがあるそうです。

先日地元の方に聞いたところ、祭のメリットは「たくさんの品を一度に見ることができる」点。
そこで見比べて、お気に入りの窯元を見つけ、後日また訪れるのも楽しいのでは、とのことでした。

なるほどとおもいつつ、大満足で会場を後にしました。
ちなみに今回の戦利品はこちら・・・

bizen010.jpg

≪備前焼まつり≫
期日:平成20年10月18日(土)・19日(日)
   〔18日:午前9時~午後5時30分、19日:午前9時~午後4時30分〕
会場:備前焼伝統産業会館及びJR伊部駅周辺地域

※備前市webサイト→http://www.city.bizen.okayama.jp/kankou/event/bizenyakimatsuri.jsp

nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

岡山ライブハウス~岡山 crazy mama kingdom(スガシカオ Hitori Sugar Tour 2008 Vol.10) [イベント]

岡山にもライブハウスがあります。
岡山 crazy mama kingdom
crazymama003.jpg
収容人数は600名ほど。岡山駅から徒歩で20分程度歩いた、雑居ビル街の中にあります。
ライブハウスのある建物は、ほかの飲食店なども入っているため、気をつけないとライブハウスと気づかずに見落としてしまいそうです。

crazymama001.jpg
今回私が行ったのは「スガシカオ Hitori Sugar Tour 2008 Vol.10」。
スガシカオが、バンドなしでギター一本弾き語りをするツアーです。
いつも行きたくてもチケットが取れず、悔しい思いをしていましたが、はからずも岡山で参加できることに。
ラッキーです。

このライブハウス、しくみは一般的なライブハウスと同様、チケットに振られた整理番号のとおりの順番で入ることができます。たとえば、整理番号が120番だった場合、1~100番、101-200番、などのように列が分かれているので、101-200番の列に並んで開場を待ちます。もし開場の際に並べないと、整理番号に関係なく入ることになるので、開場時に間に合うように行った方が良いです。

このライブハウスでは、会場から1ブロックほど離れた公園に並びました。
まわりで遊んでいた子どもたちが「なんかたくさんならんどるなあ~」と、ながめていました。

係員の指示のもと、ワンドリンク券を500円で購入した後に会場に入ると、スタンディングではなく丸椅子が並べられていました。
腰痛持ちにはありがたいです。

場内は、天井は低めで後ろに長いつくりなので、オールスタンディングだと後ろのほうは見えづらそうです。
幸いこの日は、前のほうに座ることができました。
大規模ホールと違い、やはりライブハウスはアーティストとの距離が近くて楽しいです。
岡山駅から徒歩圏内に、なかなかの有名アーティストが来るライブハウスがある!というのはうれしいですね。
※岡山 crazy mama kingdom webサイト→http://kingdom.banquetunion.com/

ちなみに、「Hitori Sugar Tour 2008」の内容については、これからのライブを楽しみにしている人に悪いので、あまり細かくは書きません。
が、とても良かったです!
ラジオで鍛えたトークも冴えわたり、また、新曲も含めて「弾き語り」の常識を大きく超えるような内容でした。
弾き語りでFUNKをやる人も、そうそういないでしょう。
MCで言っていましたが、オランダ通りにある「やまと」の半カツ丼・半ラーメンを食べたそうです。
「やまと」のラーメンはおいしい!と言っていました。
crazymama004.jpg
スガさん、また岡山へ来てください。

≪ライブハウス情報≫
岡山 crazy mama kingdom
〒700-0836岡山市中央町6-22中央町ヒルズ4F (Map)
Tel:086-233-9014


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

岡山なイベント~後楽園ライトアップ 幻想庭園 [イベント]

岡山の名所、後楽園。
日本三名園のひとつであるこの庭園で、毎年行われるのが「幻想庭園」、いわゆる夜間ライトアップです。
ろうそくのあかりと、三角形の灯篭のようなライトが、まさに幻想的な雰囲気を演出してくれます。
※後楽園webサイト→http://www.okayama-korakuen.jp/news/news.cgi?p=tn&id=20060627175615
通常は6時の閉園が、9時半まで延長されます。
しかも、「ゆかたDAY」には、浴衣を着用していくと入場無料です!
kanban.jpg

本日29日は点灯式。
早速、ゲットしたばかりの年間パスを手に園内へ入りました。

daylight.jpg
夕暮れ間近の後楽園は、青い芝生がまぶしく、とても美しいです。

lotus.jpg
ちょうど、大きなハスの花がみごろでした。まるで作り物みたいな、きれいなお花です。

tanbo.jpg
園内には田んぼがあり、懐かしいようななんともいえない気分になります。

yugure.jpg
やがて夕暮れ時、いよいよ点灯式の準備が始まりました。

tancho.jpg
この、タンチョウ型風船が、点灯式で大事な役割を果たすのです。

点灯式は、県知事や後楽園で結婚式を挙げたカップルなどの手でスイッチを押す というセレモニーです。

singer.jpg
その前に、船で池を渡りながら登場したのが、ソプラノ歌手の雨谷麻世さん。意外な登場にびっくりしました。

tenka00.jpg
スイッチオン!で、園内のライト・ろうそくが点灯します。
目の前のろうそくが、ブワッとすごい勢いで火を噴き、やがてゆらゆらとした灯りに変わりました。
これもびっくりした・・・

tanchofly00.JPG
先ほど仕込まれていたタンチョウの風船が、ゆっくりと空へ放たれ飛んでいきます。ほほう、こうやって使うのか・・・と見入ってしまいました。

残念ながら、私のカメラでは幻想庭園のあかりをうまくとらえることはできませんので、ぜひみなさん御自分の目でその雰囲気を確かめにいらしてください!ロマンチックで、おすすめです。
ただ、蚊がいるので気をつけて!あと、歩きやすい靴がお勧めですよ。


夜間特別開園『幻想庭園』
◇開催期間
 【前期】
  平成18年7月29日(土)
  ~8月16日(水)
 【後期】
  平成18年8月18日(金)
  ~8月31日(木)     

◇開催時間
 午後9時30分まで(入園は午後9時まで) 
 点灯は午後7時ごろから。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | - イベント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。